GROUP EXHIBITION

EXHIBITION DETAIL
開催期間:2019/4/8(Mon)〜4/13(Sat) 12-30-20:00* *4/13(Sat)のみ 17:00まで
展覧会終了後も展示作品のお問い合わせを受け付けております。作品購入希望や他の作品を観てみたい等、ご連絡頂ければ幸いです。

Scenes2019

 

小松 大輔/市川 詩織/北浦 雄大/野坂 衣織
舩橋 明裕/松野木 望会/ガラリー◇Y/ヤマシタカスミ/

 

 

ARTISTS PROFILE

小松 大輔  Daisuke Komatsu

 

 

▼WEBサイト

<Profile>

1977年  高知県生まれ
2002年  香川大学農学部卒業
2004年~ TOSA美術アカデミーで学ぶ
2008年  第3回美術作品コンクール(Concours des Tableaux)優秀賞受賞
2011年  個展「小松恐竜園」(ギャラリー graffiti/高知)
スイゾク恐竜展(桂浜水族館/高知)
2014年  スイゾク恐竜展2(桂浜水族館/高知)
2015年  個展「小松恐竜園2」(アートギャラリー OPPO/東京)
2016年  ANIMAL PLANET 2016出展(アートコンプレックスセンター/東京)
個展「小松恐竜園3」(ギャラリー graffiti/高知)
2017年  個展「小松恐竜園4」(アートコンプレックスセンター/東京)
DISCOVER THE ONE JAPANESE ART in NY(Ashok Jain Gallery/ニューヨーク)審査員特別賞受賞
ANIMAL PLANET 2017出展(アートコンプレックスセンター/東京)
ART POINT Selection VI展(GALLERY ART POINT/東京)
2018年  第16回NAU21世紀美術連立展出展(国立新美術館/東京)
21世紀美術連立展 in パリ出展(ギャラリーメタノイア/パリ)
ANIMAL PLANET 2018出展(アートコンプレックスセンター/東京)
2019年  第17回NAU21世紀美術連立展出展(国立新美術館/東京)

<Statement>

恐竜を題材に作品を制作しています。「ほのぼの」と「激しい」2種類の恐竜画を楽しんでいただけると幸いです


市川 詩織   Shiori ICHIKAWA

本能を利用された犬

 

 

▼WEBサイト

https://www.shioriichikawa.com

<Profile>

市川詩織 (いちかわ しおり / 1993年-) は、日本を拠点に活動する美術家、シルクスクリーン版画家。
東京藝術大学美術学部 油画専攻を経て、同大学の版画専攻を修了。(-2018)

[略歴]
2018 東京芸術大学大学院美術研究科修了
————————————————————————
2018 Hey Human…(ねえ人間…)(TAGBOAT 個展)
2018 Independent Tokyo(TAGBOAT 特別賞)
2017   Shotai Exhibition (SO Fine Art Editions,アイルランド)
2017 ZURETA / INTERNATIONAL PRINTED ART(上海美術大学)
2016 石橋財団より助成を受けポーランドにて滞在制作、展示

<Statement>

私は人間とペットと呼ばれる動物たちの間の立ち位置から、その関係を見つめ、動物たちが引き出す人間の残念な部分を拾い上げようと試みてきました。彼らの瞳の中を覗き込んで見えるのは私たちの姿だけで、彼らは私たちを映す、いわば鏡です。様々な立場の人間と動物たちの奇妙な関係を想像し、切り取り、イメージとして残すこと。そのイメージが増えれば増えるほど、私たちはややこしい言葉なしに自分たちの姿の本質を理解できるのではないかと考えています。


北浦 雄大    Yudai kitaura

 

▼WEBサイト

<Profile>

2014・京都市立芸術大学入学
2015・京の七夕 京友禅を用いた灯籠制作、展示
・京都・梅小路みんながつながるプロジェクトモニュメントデザイン採用
・京都・東山花灯路「大学の町京都伝統の灯り展」制作、展示
2016・会津まちなかアートプロジェクト 会津漆の芸術祭 出展
2017・京都市立芸術大学作品展「平館賞」受賞
・会津まちなかアートプロジェクト 会津漆の芸術祭 出展
・KYOTO EXPERIMENT オープンエントリー作品「棒立ちの 1 平方メートル』(グループパフォーマンス)
・国際瀧冨士美術賞「優秀賞」受賞
2018・京都市立芸術大学卒業作品展「市長賞」受賞
・京都市立芸術大学 大学院入学
・池袋アートギャザリング「奨励賞」受賞
・輪島漆芸美術館「漆芸の未来を拓く-生新の時2018」出展
・アジア漆工交流プログラムinカンボジア 出展
・会津まちなかアートプロジェクト 会津漆の芸術祭 出展

<Statement>

私は主に漆を扱った作品を制作している。漆は縄文時代より扱われてきた素材で、主に、土器や櫛、祭祀具などに施されてきた。その漆の在り方は石器などの衣食住を整える為の道具ではなく、精神生活を支えるものであった。四季それぞれの豊かで自分たちを支えてくれる食糧や自然を神とし、自然に対する感謝の心そして畏怖の念などからくるアニミズム精神が縄文人を形成していき、現代にも引き継がれてきていると思う。この精神は、未確認のものは不明とし既知の現象のみを答えとするのではなく、自分から感じる事のない自分の知らない向こう側と対話できるものである。
アニミズム精神を持つ民族や文化が少なくなる中、日本では根底に万物に精霊が宿るという考えがあり、「もったいない」や「いただきます」の発想が生まれ、自然との調和を大切にしてきたように感じる。今を生きる中で調和し、自分の知らない向こう側と対峙することで新たな感覚を孕む作品が誕生する。

 

野坂 衣織  Iori NOSAKA

 


▼WEBサイト

<Profile>

1969年  新潟県糸魚川市に生まれる。現在、長野県信濃町在住
1992年  多摩美術大学絵画科油画専攻卒業

最近の活動
2018年1月   GALLERY ART POINT「Fantasia2018」グループ展
2018年7月  金沢21世紀美術館「き.らめく…展」  グループ展
2018年12月  GALLERY ART POINT bis  個展

<Statement>

「内なる風景」を構築することをテーマに制作しています。自分の外側に風景はある、「自分の内側に隠された風景がある」と気づいた私は、私のなかの螺旋階段を1歩ずつ降りていってその「風景」を見つけました。「内なる風景」を、よりよく構築するためには、私自身が「構築物」になることが大前提です。これからも一生かけて私の内なる風景に向き合いたいです。


舩橋 明裕    Akihiro Funahashi

▼WEBサイト

http://www.akihiro-funahashi-art.com

<Profile>

画家 写真家 彫刻家
[略歴]
愛知県立芸術大学美術学部美術学科彫刻専攻卒

【個展】(絵画)
1993. 9  愛知県芸術文化センター アートスペースX 名古屋
1998. 2  なびす画廊 東京
2000. 3  はるひ美術館 展示室2 愛知郡春日町
2003.12 HEART FIELD GALLERY 名古屋
2004. 8  ギャラリーAPA 2F 名古屋
2005. 7  ギャラリー芽楽 名古屋
2007. 9  ギャラリー芽楽 名古屋
2007.11  Galleria Finarte 名古屋
2009.11  Galleria Finarte 名古屋 (写真)
2017. 9  GALLERY ART POINT  東京

【受賞歴】:(絵画)
1998. 7  第3回昭和シェル石油現代美術賞展 入選 東京
1999. 4  第1回夢広場はるひ絵画展 入選、(奨励賞候補) 愛知県西
春日井郡
2001. 3  第2回はるひ絵画ビエンナーレ 入選 愛知県西春日井郡
2001. 4  長久手町文化の家絵画コンクール 入選 愛知郡長久手町
2002. 4  長久手町文化の家絵画コンクール 大賞 愛知県長久手町
2005. 4  第4回はるひ絵画ビエンナーレ 入選 愛知県西春日井郡
2009. 6  TAGBOAT SUMMER AWARD 入選 東京
2009.10  TAGBOAT AUTUMN AWARD 入選 東京
2011. 7  6th TAGBOAT AWARD にて「小山登美夫賞」を受賞 東京
2011. 9  TAGBOAT YOUNG ARTISTS JAPAN vol.4 に出品「南口俊樹賞」、「伊藤悠賞」を受賞 東京
<Statement>

私の作品は、日頃の自然観察から見出した、すべてのものが絶えず変化していく存在感を表現しています。
絵画では、意識と無意識との狭間で生滅を繰り返しながら色々な要素が絡み合って作品が生まれてきます。


松野木 望会    Matsunogi Moe 

 


<Profile>

2013 碧い石見芸術祭 全国美術大学奨学日本画展2013出品(島根)
グループ展「あきどなり」(gallery take two/京都)
2014 グループ展「navy-日本画×書-」(ギャラリー空・鍵屋/京都)
2015 京都造形芸術大学卒業制作展 奨励賞受賞
数奇和ギャラリー企画公募展「ギャラリーへ行こう2015」(数奇和ギャラリー/大津•西荻窪)
2016 Seed山種美術館 日本画アワード2016ー未来をになう日本画新世代ー入選(山種美術館/東京)
   グループ展Moment of Sight ~新しい日本画の様相~(ギャラリーいのくま亭/京都)
協同企画展 ONSA(la galerie/大阪)
前田紗希 松野木望会 二人展 普遍的変化(ギャラリー知/京都)
2017 個展 ちりつも(la galerie/大阪)
企画展「ART POINT Selection Ⅵ」(GALLERY ART POINT/東京)

 

 


ガラリー◇Y       GARARI◇Y

 

▼WEBサイト

<Profile>

準備中

<Statement>

準備中


ヤマシタカスミ  kasumi Yamashita


 

▼WEBサイト

http://kasumi1592.com/

<Profile>

1989.04.17
愛知県在住。絵描き

<Statement>

幾何学模様のような
曼荼羅のような
ゼンタングルのような
でもどれも違うんです
円という図形そのものが
人であり、風景であり、感情を表しています
図形を使った表現を日々模索しています



Gallery Art Point(ギャラリーアートポイント) 担当:吉村清子
開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。