GROUP EXHIBITION

EXHIBITION DETAIL
開催期間:2019/10/7(Mon)〜10/12(Sat) 12-30-20:00* *10/12(Sat)のみ 17:00まで
展覧会終了後も展示作品のお問い合わせを受け付けております。作品購入希望や他の作品を観てみたい等、ご連絡頂ければ幸いです。

Moment- 瞬間-

飯田  文香/上滝 玲子/磯部 桃/加納 美智子
柴田 貴史/芹澤 マルガリータ/熊谷 香里/前島 愛由

展示風景

previous arrow
next arrow
Slider

YouTube動画

ARTISTS PROFILE

飯田  文香  Ayaka IIDA

▼WEBサイト

<Profile>

<Statement>


上滝 玲子 Reiko JOHTAKI  

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▼WEBサイト

https://reikojohtaki.tumblr.com/

<Profile>

<Statement>

海洋は、地球上でもっとも広く重要な生態系を持つ環境だ。その中でも、サンゴ礁の生態系は群を抜いて多様性に満ちている。密集する生き物たちはまるで一つの大きな生物のように見えることもあれば、賑やかで残酷な都市のような姿を見せる。日の光を、栄養を奪い合いながら、生きる彼らは壮大な風景を作る一方、その姿は体の深層に隠された内臓にも似ている。皮膚の中と水の中、共に我々にとって日常生活で触れることのない、境界を隔てた世界だ。しかしそこには、形態の類似にとどまらず、秘められたリズムが共鳴している。我々の内部には、我々の知らない自然が蠢いている。


磯部 桃 Momo ISOBE

▼WEBサイト

<Profile>
2013年 武蔵野美術大学彫刻科 入学
2015年 「第24回 全日本アートサロン絵画大賞展」入選/優秀賞(大阪市立美術館/国立新美術館)
絵画教室ルカノーズ アシスタント勤務
クリエイターEXPO 出展 (東京ビッグサイト)
2016年 「世界絵画大賞展」 入選(東京都美術館)
TDW ART FAIR 出展(東京デザインウィーク/神宮前外苑)
2017年 independent tokyo 出展(浅草橋ヒューリックホール)
絵画教室ルカノーズ 講師
2018年 independent tokyo 出展  (浅草橋ヒューリックホール)
「ドラマチック展」ディレクション (中目黒ラウンジ)
2019年 independent tokyo グループ出展(浅草橋ヒューリックホール) 審査員特別賞2つ

<Statement>

描く事は難しい。しかし、その難しさに直面することは、時間という掴めない流れを掴めたような、水の中を溺れずにはじめて泳げたときのような「実感」を私にもたらしてくれる。
日常生活の中で、「実感」を得ることは難しい。絶え間なく訪れる物事や景色や関係性などを頭で処理し、意思表示を返さなければならない。その中で、日々確かに置き去りにしてしまっている感情がある。
題材に選ぶポートレイトという普遍的なテーマは、シンプルで奥深く、対象から返ってくるいつまでも続く会話のように感じられる。それは、モチーフとの対話であり、自分や他者との対話であり、「見た」ということが初めて目で確認できる、置き去りになった、確かな時間を取り戻す作業だと考える。
この目で「見た」ということを、消化し、作り続けたい。

加納 美智子 Michiko KANO

<Profile>

1998年 『アーバーナート♯7』入選
1999年 雑誌『イラストレーション』No,104にて誌上コンペ「ザ・チョイス 大竹伸朗選」入選
2004年 2人展『Girlie Exhibition』ART GULD
2009年 雑誌『イラストレーション』No,117にて「ザ・チョイス 安齋選肇」入選
2014年グループ展『art expo2014 NEW YORK』PIER94 NYC
2015年 グループ展『salon Art shopping 2014』ルーブル美術館
2016年 グループ展『ARTEX TAIPEI2016』特別賞 PHONIX CENTER
2016年 グループ展『SPECTRUM MIAMI2016』Spectrum Miami Tent
2017年 グループ展『salon Art shopping 2017』ルーブル美術館
2017年 グループ展『ARTEX NEWYORK2017』Ward Nasse gallery
他、グループ展多数参加
2019年 国際芸術コンペティション2019 アートオリンピア 佳作

<Statement>

日常のなかに見える風景が自身の記憶、懐かしさに繋がり、そのまま過ぎてしまいそうな風景の一部、植物を作品に注ぎ込んでいます。日常四季感…
また、主張が強いテーマ性を植物に置き換えることにより緩やかな感情移入、コンセプトを感じられると思います。
『輪廻転生』は、自身の作品主軸です。生物の成長過程、生命の素は思っていたものと違う(生物が求める糧ではなく、人的要素を持っている。)転生するなかで異種に変わるかもしれない不安感、生きていくなかで常に抱える事であろう。

柴田 貴史 Takashi SHIBATA

<Profile>

1984年  栃木県生まれ
2007年  桜美林大学国際学部国際学科卒
2011年  武蔵野美術学園修了

個展
2013年  柴田貴史展( GALERIE SOL ,銀座 )
2015年  柴田貴史展( GALERIE SOL ,銀座 )
2017年  柴田貴史展(GALLERY ART POINT,銀座)
2018年  柴田貴史展(GALLERY ART POINT bis,銀座)

グループ展
2016年 ART POINT Selection Ⅲ  (GALLERY ART POINT,銀座)
2017年 ART POINT OF VIEW  – 視点 –  ( GALLERY ART POINT,銀座 )
2018年 M PICTURE 2018 ( GALERIE SOL,銀座 )
FACT Ⅲ  (銀座渋谷画廊,銀座)
その他多数参加。

コンクール・公募展
2011年   第75回 新制作展
2012年   第30回 上野の森美術館大賞展
第8回 世界絵画大賞展
第76回 新制作展
2013年   第9回 世界絵画大賞展
第77回 新制作展
2014年   第10回 世界絵画大賞展
第78回 新制作展
2015年   第11回 世界絵画大賞展
第79回 新制作展
2016年   第70回 栃木芸術祭美術展
第80回 新制作展
2017年   第81回 新制作展 絵画部賞受賞
第71回 栃木芸術祭美術展
2018年   第14回 世界絵画大賞展
第82回 新制作展
第72回 栃木芸術祭美術展 奨励賞受賞

<Statement>

人間社会から離れストレスのない生活を夢見て制作しております。
現代社会が暗くて未来が見えないのだから絵ぐらいは優しい気持ちで見ていたいという言葉を胸に、その時代を生きる人が見て安らげる絵を描くことも時代を描くという画家の生き方と根底で繋がっているのでは?と思い制作しております。


芹澤 マルガリータ Margarita SERIZAWA

<Profile>
モスクワ生まれ
2007年 京都造形芸術大学 美術工芸学科日本画コース 卒業
2009年 京都造形芸術大学大学院 芸術表現先行(日本画領域)修士課程修了2019年 美術新人賞デビュー 2019入選個展
2006 個展 (ロシア国立極東大学 博物館|ロシア・ウラジオストック)
2008 個展 (立体ギャラリー射手座|京都)
2008 「カ ラ フ ル 」 (アートスペース羅針盤|東京)
2016 芹澤マルガリータ展 (アートスペース羅針盤|東京)
グループ展
2008年 ハーフ芸術集団HArts Hartism
2009年 Play Art Laboratory the 4th meeting point「Deep into」(神奈川県民ホールギャラリー)
2010年 京都アートフェア2010-京都の芸術家たち-(京都市勧業館みやこめっせ|京都)
2011年 羅針盤セレクション2011 Vol.2 注目の女性作家4人展(アートスペース羅針盤|東京
2013年 ベネトンコレクション imado mundi 展 (ベネチア Fondazione Querini Stampalia|イタリア)
など、都内を中心に多数参加
<Statement>
日本画の素材・技法を用いて制作を行っている。
複数の国・文化のルーツを持つとういことはどういうことなのか、何者であるのかは他者に規定されるべきではないと考える。
それを元に、世界各地を旅した際に目にした風景・光や街並みなどをモチーフとし、懐かしさやポジティブで暖かい気持ちを表現したいと思っている。

熊谷 香里 Kaori KUMAGAI

▼WEBサイト

http://kaorikumagai.muse.weblife.me/index.html

<Profile>

トライデント専門学校ヴィジュアルクリエイト学科卒業
渡米 New York Film Academy Los angels 校Film Making Course 修了
専門学校在学中からアーティストとして活動しており、病院への巨大壁画や企業のWebへのイラスト製作、飲食店の装飾、メニュー製作など幅広く活動。渡米後は映画監督を目指しアートフィルムを製作、クレイアニメーションの製作も手がけ幅広いジャンルの製作。
現在、現代アートを主に活動しておりアクリル絵具での絵画作品・ミクストメディア・映像作品・インスタレーション作品など、ジャンルに囚われない多くのアート作品を製作している。人間の『精神性や感情』をテーマとしたヴィジュアル表現を追求している。

・受賞歴・個展

個展
2002年 Dear friend 展 ギャラリー48/豊橋市
2004年 This is Love 展 キッチン真弓/豊橋市
2004年 Kaori Kumagai 展 喫茶フォルム/豊橋市
2005年 Kaori Kumagai 展 Act box/浜松市
2005年 絵本イラスト展 花香芳かざぐるま/長野県
2005年 Melico in NY展 ギャラリー田園/豊橋市
2007年 Comfort Melico展 アートエイジギャラリー/豊橋市
2009年 Comfort Melico展 アートエイジギャラリー/豊橋市
2009年 Comfort Melico展 向山フォレスタ/豊橋市
2010年 メリコのレストラン展 フレンチレストランボンファン /豊橋市
2010年 花鳥風月展アートエイジギャラリー /豊橋市
2011年 Secret garden展アートエイジギャラリー/豊橋市
2011年 Small garden展イトコーモデルハウス/豊川市
2013年 ecret garden展vol.2 アートエイジギャラリー/豊橋市
2014年 Secret garden展Ouchi gallery/New york
2015年 Secret garden展アートエイジギャラリー/豊橋市
2018年 熊谷香里展kurum’art contemporary/東京

グループ展 コンペティション
2001年 「二人展」JAZZ BAR/豊橋市
2003年 クリスマス絵本展 ギャラリー杏里/名古屋市
2003年 アミューズアーティストオーディション/京都府
2004年 ウォルトディズニーミッキーマウス映画75周記念 オールオブミッキーマウス展 /全国
2004年 アートイベントSEBONE /豊橋市
2005年 キャラ博’05 /東京都
2005年 アートイベント 「ハミデリン ハミデンデ」/豊橋市
2005年 アートイベントSEBONE /豊橋市
2006年 アートイベントSEBONE /豊橋市
2007年 アートイベントSEBONE/豊橋市
2008年 作家達が創る作品展2008 コンセプト/豊橋市
2008年 女流新進作家10人展 ギャラリー結/豊橋市
2008年 名古屋三越NHKチャリティー展/名古屋市
2009年 春彩いろ展 ギャラリー結/豊橋市
2009年 新鋭作家集合展 introart gallery/名古屋市
2009年 クリエーターズマーケット/名古屋市
2009年 50人の作家展 朝日画廊/豊橋市
2009年 作家が創る作品展 コンセプト/豊橋市
2010年 山里のアート巡り きてんみん!奥三河 /愛知県
2011年 EARTH BY HEART 東日本大震災復興支援プロジェクト展/Gallery Art Point/東京都
2012年 Abstraction展 Gallery Art Point/東京都
2012年 東京デザイナーズウィーク/Young Artist Japan vol.5/東京都
2014年 SICF15 スパイラルビル/東京青山 入選
2014年 リキテックスアートアワード/東京 秋葉原 入選
2016年 Tokyo international art fair/東京 表参道ヒルズ
2017年 Independent Tokyo 2017 /東京ヒューリックホール
2018年 Independent Tokyo 2018/東京ヒューリックホール
2019年 アートディレクター今一押しの抽象画作家展/東京The art complex center Tokyo

WORKS

2001年 児童書『ゆうすけとぎんすけ』(挿絵)
2001年 Volks wagen japan lupo i-mode イラスト
2001年 JAZZ BAR まんぼう(壁画制作)
2002年 山本皮膚科(壁画制作)
2003年 sweet sweet ウィンドウディスプレイデザイン
2005年 本多電子展示物(EXPO’05愛地球博) 装飾製作
2005年 FxG エントランス ディスプレイデザイン
可児・美濃加茂・多治見を中心としたクーポン付きポケットサイズ情報マガジン『マカル』約10年間にわたり表紙連載
2015年 華乃井テラス エントランス 絵画製作 豊橋市
Green cafe 店内装飾with 北山創造研究所 豊橋市
本多プラス 社内用 絵画製作 新城市
謝謝    店内装飾製作豊橋市

入選/受賞歴
トライデントスポーツ Tーシャツデザインコンペ 最優秀賞 2001
卒業作品「絵本ニューオリンズ」奨励賞 2001
新鋭作家作品展 審査員特別賞 イントラートギャラリー2009
審査員特別賞Independent Tokyo 2017
・企業案件経験
Volks Wagen Japan lupo i-mode イラスト製作
株式会社本多プラス本社 社長室・会議室アートワーク製作
株式会社サーラ 『green cafe』店内装飾 by北山創造研究所プロデュース
『謝謝』 店内装飾製作豊橋市
本多電子愛知万博出展展示物装飾キャラクター製作など
GG international グループ『華乃井テラス』店内装飾製作
豊橋市『山本皮膚科』待合室壁画
『Jazz barまんぼう』店内壁画

<Statement>
耳を澄ますと聞こえてくる微かな音、その見えない音を可視化し表現している作品。音は朝と夜では大きく違う。朝は静寂の中に響き渡る鳥のさえずり、昼は活動的な声や賑やかな音、夜は静寂な中に虫の鳴き声や夜行性の生き物の気配、それぞれの時間によって音は変化している。音や感情、表現する時に抽象的な表現が一番適していると思い抽象的な作品を追求し、制作した作品です。厚く絵の具を塗る事で、陶器の様な質感や佇まいを表現し、儚さをも演出しています。

前島 愛由  Ayu MAEJIMA

 

<Profile>
2014年
全国美術大学奨学日本画展2014 奨励賞
2015年
二人展「JINEN」gallery HIBOUHIBOU
グループ展「八王子ビッグウエスト学生美術展」八王子スクエアビル
2016年
グループ展「未来展-美大の競演-」日動画廊
2017年
グループ展「KENZAN2017」二子玉川アレーナホール&サロン
グループ展「pain/ter」アートスペースユーメリア
2018年
第36回上野の森美術館大賞展 入選
第18回福知山市佐藤太清賞公募美術展 入選
グループ展「瞬き」佐藤美術館
2019年
多摩美術大学卒業制作・大学院修了制作 学内選抜展

 

<Statement>

私は絵を制作する際「記憶と忘却」をテーマにしています。
その制作の先にはここからこの地球の長い年月において、果たして現世というものをどう捉え、ものを見ていくかという事に繋がっていると考えています。
人々の内から零れ落ちてしまう忘却に対して誰よりも鋭く察知する事、そしてそこから漂う記憶の欠片を手探りながら絵に打ち出していく事をこれからも続けていきたいと思います。



GALLERY ART POINT(ギャラリーアートポイント) 担当:吉村清子
開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。