GROUP EXHIBITION

EXHIBITION DETAIL
開催期間:2021/1/18(Mon)〜1/23(Sat) 12:30-20:00*
*1/23(Sat) 12:30-17:00まで
展覧会終了後も展示作品のお問い合わせを受け付けております。作品購入希望等お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

Dreams2021

“夢は実生活で抑圧された願望の表れである”とは、心理学の領野から夢について解釈したことでその名を広く知られるジームクント・フロイトの言葉です。1924年にフランスの詩人アンドレ・ブルトンが唱えた「シュルレアリスム第一宣言」に始まる芸術運動「シュルレアリスム(超現実主義)」に参画したシュルレアリストたちは、人間にとって夢という世界は最も制約のない自由な世界であると考え、夢と現実が出合う「超現実」こそが自由な創造を可能にすると考えました。現実の合理性では説明不可能な領域と現実との関係性に対して、異なる視点から新たな価値を見出す、あるいは現実を再構築することが、人間そのものを解放してゆくことでもありました。フロイトやシュルレアリストたちが想像した夢世界の系譜をなぞりながら、実生活で抑圧された願望を今も抱えながら生きる私たちの、解放の一途をたどりたいと考えます。
本展覧会では、この夢の世界における美を追求する系実力派アーティスト9名を選抜し『Dream』というテーマで様々な技法とスタイルの中に映し出されるビジョンをコンテンポラリーアートシーンの問題として捉え、アートの可能性と方向性を提示します。

“The virtuous man contents himself with dreaming that which the wicked man does in actual life.” So stated Sigmund Freud, the neurologist and founder of psychoanalysis who interpreted the dreams from a psychological perspective,
André Breton, a French poet, defined Surrealism as the place where dreams and reality meet, without the hindrance of limitation. This is the way to creating a world with so many possibilities: by looking at world from a whole different perspective. Re-building and re-constructing the reality could be a key to escaping it. Treading the paths of Freud and other Surrealists, we aim to participate in this escapism by carrying over the dreams from our daily lives.
For the exhibitions “Dreams”, we have selected 9 artists who seek the aesthetics of a fantasy world with the concept of dreams, and explore different techniques and styles to solve contemporary issues from their perspectives.

展示風景

YouTube 動画

 

ARTIST PROFILE

Airi    

<Profile>

 

<Statement>

朝岡 千恵三    Chiemi Asaoka

<Profile>

 

<Statement>

のまひろこ  Hiroko Noma    

<Profile>
1964年 横浜生まれ
1985年 多摩芸術学園ビジュアルデザイン科卒業
卒業後はスーパーマーケットや百貨店のPOP,新聞折り込みチラシなどの制作会社に勤務
2010年 田熊順氏の絵画教室にて、色鉛筆、パステル、アクリル画を学ぶ
2015年 田熊順氏主宰『2015 Exhibition  The FOUR』に参加
2017年 田熊順氏亡き後、各ギャラリー企画展に参加
2017年 NEKOISM2017 公募展にてパステル画入選
2018年 雑誌「一枚の絵」第34回全国日曜画家コンクール入選
2019年 第2階ねこの引き出し 公募展にて中島祥子受賞
2019年 初個展『猫が一緒にいるだけで』を横浜galley fuにて開催
2020年 ギャラリー企画のグループ展参加・「ギャラリー来舎」・「ねこの引出し」・「galleryC.A.T.S」・「松山庭園美術館」・「ギャラリーダダ」参加

 

<Statement>
猫を色鉛筆画から初めて今年で10年が経ちました。
ここ数年はアクリル絵の具で猫や花などを描くようになりましたが、
日々、表現の奥深さに迷ったり、悩んだり、感心したりしています。
新たに描く1枚1枚が挑戦の連続だと思っています。
今回のDreams2021展では、少しでも挑戦した結果をお見せできればと思っています。

Haruko Furukawa    

<Profile>
1973年 大阪の堺に生まれる。
1994年 芦屋市展  堺市展
1995年 タブラ ラサ 四条ギャラリー
1996年 二人展    ギャラリーはねうさぎ
_    国際インパクトアート展
_    京都嵯峨美術短期大学 研究科 日本画 修了
1997年 1999年 2001年 個展  ギャラリーストラダ
1998年 イタリア フィレンツエでフレスコ画を学ぶ
2000年 Innocent world 展 奈良喜多美術館
2002年 Dream come true展
_    ニュージーランド クラストチャーチ アートセンター
2005年 個展 ニュージーランド クラストチャーチ クロイスターギャラリー
2009年 Mother Nature 日本画*生け花コラボレーション展
_    Quiqcorp art spase クラストチャーチ
2010年 The Annual West Melton Art Event &Awards
2011年 Darfield Art Week    Darfield Recreation Centre
_    ジュエリー*日本画2人展Bundilla Glass Jewellery Shop
2013年 15th Birthday Community Art Exhibition  Selwyn Gallery Darfield
_    Darfield Art Week      Darfield Recreation Centre
2014年 Transnational Art 2014   大阪 江之子島文化芸術創造センター
_    The Christchurch Art Show 2014    Wigram Air Force Museum
_    Parkin Drawing Prize 2014      Wellington Academy of Fine Arts Gallery
_    Darfield Art Week    Darfield Recreation Centre
2015年 The Christchurch Art Show 2015  Wigram Air Force Museum
_    Darfield Art Week    Darfield Recreation Centre
2016年 Transnational Art 2016  大阪 江之子島文化芸術創造センター
_    Japan Day   Art Show   ビッグバン2016 Riccarton Park
_    South  Library in Christchurch   ビッグバン2016
_    Christchurch City Councilがサポートしている、壁画の仕事を始める。
2017年 Japan Day ビッグバン 4 Riccarton Park Racecourse
_    South Library ビッグバン 5
_    ArtPrize 9  国際展 Grand Rapids, Michigan, United States
_    アメリカ グランドラピット国際空港 展示
2018年 Japan Day ビッグバン 6 Riccarton Park Racecourse
_    South Library in Christchurch ビッグバン 7
2019年 Art battle ライブペイント オーストリア メルボルン
_    Japan Day ビッグバン8
_    South Library ビッグバン9
2020年 Japan Day ビッグバン10
_    South Library ビッグバン11
_    Art battle オンラインイベント アメリカ ニューヨーク
_    広島平和式典 オンラインアートイベント 参加

 

<Statement>
夢は生きる希望です。未来の光を感じながら絵を描き続けています。未来の人々が輝きを与えてくれると信じて、アートで未来の希望を繋ごう。

鈴木 みほ    Miho Suzuki

<Profile>
2020年 グループ展「KIZUNA 2020」 GALLERY ART POINT

 

<Statement>
小さい頃から絵本や児童書が好きで、読んだときに感じるワクワク感、ほっこり
する気持ち、恐れ、畏敬などを形にしたいと思い、絵を描き始めました。「るるこは、おかあさんから、とても大きいももいろのかみをもらいました。」
子供時代に読んだ児童書『ももいろのきりん』- 中川李枝子 作・中川宗弥 絵 –
は、こんな一文から始まります。
1枚のももいろの大きな紙から、のり、はさみ、クレヨンで、るるこによって
産み出されたももいろきりんの「キリカ」。
その生き生きと動き出す描写にワクワクし、とても心惹かれたことが私の創作の
原点となっています。作品をみる方に、絵本を読むように、その背景にあるストーリーを自由に感じて
いただけるような作品づくりを心がけています。

大門 多美    Tammy Daimon

<Profile>

 

<Statement>

HIROSHI MAEDA    

<Profile>

 

<Statement>

ミズホドリ    Mizuhodori

<Profile>

 

<Statement>

Hiroko Kawashima    

<Profile>
1975 福島県会津若松市生まれ
1996 國學院大學文学部文学科卒業
現在 神奈川県横浜市在住[グループ展・アートフェア]
2017年
_「ART FESTA」グループ展/ アートスクール銀座/代官山ヒルサイドテラス 2018年
_「点と穴」二人展/ギャルリー・パリ/横浜
_「ART FESTA」グループ展/ アートスクール銀座/代官山ヒルサイドテラス 2019年
_「新春21世紀展」グループ展/ギャルリー・パリ/横浜
2020年
_「新春展」グループ展/ギャルリー・パリ/横浜

 

<Statement>
感覚をかたちにするとき、まず、はじまりの点がある。
始点から終点へ、点、点、点とつなげていくと線になり面になり、ときたま立体へと変化する。
そうしていくと、自分の中の視点が変わり、もののかたちの次元も変わる。
インプットからアウトプット、連綿と続く物質の変換と転換。内在するイメージが、より明確になって出現してくる。
具現化された感覚は、情報として他方への伝達・共有を促し、コミュニケーションを図るツールとしても有効だ。
そうして、また新しいなにかへとつながっていくことで、進化そのものを体感しているような気にすらなれる。
そのときどきの時点をかたちにすることで、自分としての在りようを探っていきたい。

<問い合わせ>

E-mali : artlinks★artpoint.jp又は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。
「★を@に変えて送信してください」

For further info on exhibition display and content, please refer to this link


GALLERY ART POINT ギャラリーアートポイント では、現代美術の絵画や立体作品、インスタレーションなどの展示をメインとして貸画廊、企画画廊として1969年に開廊しました。
今後も広く現代作家の紹介に努めるとともに若手作家から著名な作家まで、個展グループ展での参加者を募集しております。
インスタレーションや立体作品を展示する場合は、展示台も貸し出しております。

開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。
担当:渡部  清子