EXHIBITION DETAIL
Four 2018 展 開催期間:2018/6/11(月)〜6/16(土) 12:30-19:30* *6/16(土)のみ 17:00まで
是蘭 展   開催期間:2018/6/11(月)〜6/14(木) 12:30-19:30
制野 郁弘 展  開催期間:2018/6/15(金)〜6/17(日) 12:30-19:30* *6/17(日)のみ 16:00まで
展覧会終了後も展示作品のお問い合わせを受け付けております。作品購入希望や他の作品を観てみたい等、ご連絡頂ければ幸いです。


GALLERY ART POINT

Four 2018 展

Four 2018 GROUP EXHIBITION

Four 2018

あおひー/カジタ ミキ
河野 紘幸/こそね えみこ

GALLERY ART POINT.Bis

是蘭 展

ZELAN SOLO EXHIBITION

是蘭


GALLERY ART POINT.Bis

制野 郁弘 展

FUMIHIRO SEINO SOLO EXHIBITION

制野 郁弘

 

GALLERY ART POINT
Four 2018 展   Four 2018 GROUP EXHIBITION

ARTISTS PROFILE

あおひー   Aohiee

Aohiee
2008年より活動を開始。
これまでに個展を4回開催、グループ展に多数参加。
写真のみの表現にとどまらずミクストメディアの作品も発表している。
昨年より海外での展示にも参加。
テーマは見過ごしてしまう無常の風景。

◆あおひー  ホームページへ

主な経歴
2018.01 NEW YEAR SELECTION 2018(ART POINT)に参加 来場者投票2位入賞「召喚」
2018.01 NEW JAPAN PHOTO 5(ドバイCHI-KA)に参加(2ヶ月間)
2018.04 NEW JAPAN PHOTO EXHIBITION(ホテルアンテルーム京都)にてテーブル展示(2ヶ月間)
2018.05 MISS READ / Berlin Art Book Festival(Haus der Kulturen der Welt)にてテーブル展示
2018.06 FOUR(ART POINT)に参加

 




カジタ ミキ   Miki KAJITA

主な経歴
2008. 偶然骨董店で出会った着物の型紙にほれ込み、その柄を切るため独学で切り絵を始める。
2011. 初個展開催
2013. 本格的に作家活動開始。
とっとり花回廊×山陰sacca企画 切り絵の映像作品の原画制作。一ヶ月以上に渡り上演される。
有限会社トラストプリンティング 切り絵キット発売。
「2014 Yumi Katsura Grand Collection in Osaka 輝きのとき」
「2015ユミカツラパリクチュールコレクション〜GLORIOUS RIMPA〜」にて衣装、ジュエリー切り絵装飾提供。
桂由美ブライダルハウス本店50周年記念ショーウィンドウディスプレイ&ドレス装飾に切り絵提供。
2016. VOGUE4月号にイメージビジュアルとして使用される。
2016. 大丸松坂屋百貨店夏、冬のギフト、メインイメージビジュアルに使用される。
星野リゾート界出雲にて行灯設置
ニューヨーク・ヲウチギャラリーにて個展開催
グループ展「骨のあるアート展2」参加(伊勢丹新宿本館5Fアートギャラリー)
2017. ダイワハウスマンション用会報誌プレミスト年間表紙制作
ニューヨーク・大西ギャラリーグループ展参加
2017. 大丸松坂屋百貨店夏のギフト、メインイメージビジュアルに使用される
日本文芸社から切り絵図案集「立体でつくる、綺麗な切り絵と小物たち」発売
誠文堂新光社から切り絵図案集「組み合わせつくる繊細なかたち 花な立体切り絵」発売
今岡美術館にて個展開催(島根県出雲市)
銀座・ギャラリーアートポイントにて個展開催
2018. ダイワハウスマンション用会報誌プレミスト年間表紙制作
グループ展JAPAN ART STORM IN OUR TIME参加(台湾)
その他多数の個展開催、グループ展参加経歴あり。

コメント
幼少期に祖母から聞いた「この世界には目には見えないけれど存在する世界があって、そこにいる者達がいて、それを無闇に侵害してはならない」という言葉を切っ掛けにその世界について想像するようになる。
次第に神話、妖怪といった学問、また生死について強い関心を持つ様になり作品は主にその思考を元に制作している。
通常の平面の切り絵だけでなく立体切り絵、衣装、インスタレーション、映像作品など様々な世界観を展開。
切り絵に使用する紙は独自に着色した物で色彩と光沢が特徴。
切り絵を「見る」物から「体感」する物へ、という変革を試みている。




河野 紘幸   Hiroyuki KAWANO

河野 紘幸
1993年 愛知県出身。
2013年 東京藝術大学 美術学部 工芸専攻 入学
2015年 染織専攻所属
2017年 卒業
2017年 東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻染織研究領域入学

◆河野 紘幸  ホームページへ

主な経歴
2015~2016. 旅する工芸 東京・金沢・名古屋 の3か所で開催
それぞれの地方の大学の学生をスカウトし、各々が大学で出会った工芸をテーマに、グループ展を行う。
2017. art point selection
2017. POINT展
2017. UTUSEMI  (台湾・大安ギャラリー)
2017. アーツイン丸の内/三菱地所賞受賞
2018. そこかしこ(アミューズミュージアム/浅草)
2018. Tri-be (入谷画廊)

コメント
現代社会において、様々な形で抑圧されている感情をテーマに、布と糸を用いて表現しています。布を幾重にも糸でがんじがらめに縛りあげていきさらにそれを重ねていくことによって造形されていく様はまさにこの世界でルールや社会規範に縛られながら生きている人々の姿を彷彿とさせる。




こそね えみこ   Emiko KOSONE

こそね えみこ

1956年 福岡県生まれ。東京都在住。

主な経歴
2007〜2018. モダンアート展
2010〜2018. テキスタイルアート・ミニアチュール展
2016. perspectives GALLERY ART POINT
2017. mixed Media GALLERY ART POINT
その他グループ展、企画展多数

コメント
日常生活の範囲であふれたモノ、排除・廃棄されたモノ、偶然的に遭遇するモノや不合理もあえて強調し、素材として作品に介入する。制作は日常生活に介入し、作品へ返還する。



ART POINT.bis
是蘭 展   ZELAN SOLO EXHIBITION

是蘭

 





ARTISTS PROFILE
是蘭   Zelan

是蘭は、銅版画、オブジェ、コラージュの第一人者、美術家の北川健次氏に師事し2008年より発表活動を開始した。デカルコマニーやステンシル、コラージュ、独自技法のモノタイプ(一点刷り版画)やこれらを複合的に用いて、ミクストメディア作品を制作している。

◆是蘭  Artistページへ

主な経歴

<展示歴>
2008. アートプランニングルーム・青山 個展
2010. Bunkamura Gallery + (ギャラリー・プラス) 個展
2010. 新宿 ポルトリブレ企画個展
2011. 中目黒 Gallery 7℃ 個展
2014. 目黒 Galleryやさしい予感企画個展
2016. 銀座Gallery Art Pointプロデュース個展
2016. 和歌山 くどやま芸術祭
2017. 京都芸術センター 藝文京展
2017. 岡山 しんわ美術展
2017. 山口 岩国ビエンナーレ
2017. 大阪 堂島リバーアワード
2017. 銀座Gallery Art Point「Point – Art Pointの視展 他
<受賞歴>
2015. 全国和紙画展 アート部門 金賞
2015. 美の起源展 奨励賞
2016. FUKUIサムホール美術展 準大賞
2016. 金谷美術館コンクール 優秀賞
2017. 金谷美術館コンクール 褒状
– コーポレート及びギャラリーコレクション –
ポラリス・キャピタル・グループ株式会社
株式会社イノベーション研究所
株式会社ライオンハート
一般財団法人福井カルチャーセンター
ポルトリブレ
Galleryやさしい予感 他
<個人蔵 / その他>
美術家 北川健次氏 他多数
・美術専門誌 「美術の窓」2010年6月号「新人大図鑑」 掲載
・株式会社ライオンハート 阪急メンズ大阪 阪急うめだ本店 店舗内作品提供
・デザイン素材提供:東京ドイツ文化センター、(有)Office Ohsawa
・コミッション: Peter Hammill(英国ロックミュージシャン) 2017年日本ツアー記念作品及びデザイン素材


<コメント>
自然現象や人間の心理のように、常に変わり続ける仮象としてのこの世界を表現するため、偶然や組合せ、また版表現による図像の多層化を通じ、固定的な意味を持たず観る側に解釈の自由が存在するイメージを創造しています。

ART POINT.bis
制野 郁弘 展   FUMIHIRO SEINO SOLO EXHIBITION

制野 郁弘

 





ARTISTS PROFILE
制野 郁弘   Fumihiro SEINO




Gallery Art Point(ギャラリーアートポイント)
担当:吉村清子

開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。
Gallery Art Point(ギャラリーアートポイント)
担当:吉村清子