グループ展参加アーティスト募集中

2022年 グループ展 参加アーティスト募集中

GALLERY ART POINT®︎では2022年の展示会参加アーティストを募集しております。
GALLERY ART POINTはアーティストの皆様が次の活動に繋がるお手伝いをしたいと考えております。
ご興味がある企画がございましたら、お気軽にお尋ねください。
年齢、国籍不問です。
ジャンルも平面、立体、インスタレーション、パフォーマンスなど形態は自由です。作品画像やポートフォリオを拝見させていただいた上で選考し発表形態に合わせたグループ展をご案内いたします。

弊画廊のグループ展は作品をご紹介するだけではなく、SNSでも積極的にご紹介もしていきます。
また展示最終日には作品について発表していただく時間もございます。
作品を自身の言葉で伝えることは今後活動していく上で重要なことであり練習を兼ねて最終日作家様には、お客様、展示作家の前で作品を発表する時間をもうけております。
ギャラリーアートポイント 銀座 貸し画廊 グループ展募集

Sense 2022 6名予定

EXHIBITION DETAIL
開催期間:2022/4/18(Mon)〜4/23(Sat) 12:30-20:00* *4/23(Sat)のみ 17:00まで

■開催主旨

本グループ展では変化を遂げる芸術編纂の中から、抽象芸術を取り上げ、人と人がつながる本質について考えたいと思います。
抽象芸術とは、現実世界における具体的な対象を写しとらず、形状、形態、色、線といった造形要素それ自体を使って構成される作品です。現実という表層の下に隠れた世界の本質、骨組みや構造などを表現することを目的としています。純粋抽象絵画の理論の創始者であるカンディンスキーは、作品を通じて、内面に直接働きかける色彩への意識を強め、現実の外形の代わりに色彩の「響き」によって精神的な内容を伝えることを思い描いていました。本タイトルであるSenseには、感覚(気持ち、意識、観念)という意味があります。
(鑑賞者が)作品を前にして心地よいと感じること、衝撃を受けること、感銘することは、今まで生きてきた中で印象に残る記憶や心情を作品に帰属させることで共有されていきます。それは表現者である作家が内包する心情や記憶にもあてはまります。個々に価値を感じる、日常に溢れる抽象性を絵画、立体に落とし込むことで、現実に隠れた本質を表現する展示とします。本グループ展では、抽象芸術に焦点を絞り、それぞれが抱える心情、記憶を豊かな色彩感覚、独自の世界観で表現する6人の作家を選出します。

■出展形式

参加作家ひとりで壁面(横幅:約 2.2m)を使って展示して頂きます。出品点数は原則的に 3 点以上 4 点以内とします。販売のことも考え5号以下の作品を出品するようお願いします。
プロフィールを含め、作品と作品との間を10~20cmあけて2.2mにおさまるようお願いします。2 段掛けでも問題ありません。出品作品は、新作である必要はありません。発表済みの作品でも問題ありません。
立体作品(1 名)は、展示スペース中央に展示していただきます。作品(複数可)は床置きの場合は、横と奥行きが 80cm 以内、高さ 130cm 以内に収まるようお願いします。展示台ご使用の場合は展示台を含め作品のサイズは、横と奥行きが 45cm 以内、高さ 130cm以内でお願いします。また、展示台使用の場合、ひとり 3 台までの使用が可能です。
弊画廊で無料で台座の貸出も行なっております(事前予約制)。

Mixed Media 2022  10名予定

EXHIBITION DETAIL
開催期間:2022/6/27(Mon)〜7/2(Sat) 12:30-20:00* *7/2(Sat)のみ 17:00まで

■開催主旨

ミクストメディアは現代アートの最前線としてデュシャン等に牽引されましたが、元はダダやシュルレアリスムの作家に端を発し、第一次世界大戦後の混乱する世界の中で生まれています。当時アーティストは複雑な世界情勢と精神構造の筆舌し難い感情を現前のものとすべく、絵画という二次元性の中に現実の断片を取り入れました。異なる素材が生む関係性の表現と、相対する事で生まれた価値の転換は、社会と自己の関係性が大きな問題となった70年代以降のアート界で大きな役割をはたしています。
現在はそのカテゴリーを飛び越え、AV機器や日用雑貨をも使用するようになりました。 ミクストメディアは私たちの世界のアフォーダンスと内的世界の関係を奔放に表現する重要な手法として、現代アートの基盤ともなっています。
本展覧会はミクストメディアに焦点を当てています。アートポイント選抜による作家10名たちによる絡み合う多様な素材のコンポジションを通じて起こる画面の躍動的な状況とその変化は、見る者に理知的な考察と見る事の純粋な喜びを与えます。また、作家独自の素材選択はそれぞれの表現する世界をより特徴づけ、作品同士が互いに共鳴しながらそれぞれの魅力を引き立たせ、私たちに絵画表現の新たな一面を発見させてくれるでしょう。

■出展形式

参加作家ひとりで壁面(横幅:約2m)を使って展示して頂きます。出品点数は原則的に2点以上5点以内とします。
小品(5号以内)の展示は、2段掛けでも問題ありません。出品作品は、新作である必要はありません。発表済みの作品でも問題ありません。
立体作品(1-3名)は、作品(複数可)は床置きの場合は、横と奥行きが80cm以内、高さ150cm以内に収まるようお願いします。
展示台ご使用の場合は展示台を含め作品のサイズは、横と奥行きが45cm以内、高さ150cm以内でお願いします。また、展示台使用の場合、ひとり3台までの使用が可能です。
弊画廊で無料で台座の貸出も行なっております(事前予約制)。

開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。
For further info on exhibition display and content, please refer to this link

Tel.:03-6263-2563  担当:渡部清子

GALLERY ART POINT(ギャラリーアートポイント)®では、現代美術の絵画や立体作品、インスタレーションなどの展示をメインとして今後も広く現代作家の紹介に努めるとともに若手作家から著名な作家まで、個展グループ展での参加者を募集しております。
インスタレーションや立体作品を展示する場合は、展示台も貸し出しております。

Centralizing paintings, sculptures, and installations of contemporary art, GALLERY ART POINT engages in the widespread introduction of contemporary artists, as well as the participation of both new and established artists in private or group exhibitions.  Display stands can be provided for installations or three-dimensional artwork.