GROUP EXHIBITION

EXHIBITION DETAIL
開催期間:2019/9/2(Sun)〜9/7(Sat) 12-30-20:00* *9/7(Sat)のみ 17:00まで
展覧会終了後も展示作品のお問い合わせを受け付けております。作品購入希望や他の作品を観てみたい等、ご連絡頂ければ幸いです。

ART POINT Selection III

展示風景

YouTube動画

ARTISTS PROFILE

浅野 典子   NORIKO ASANO

<Profile>

千葉県生まれ在住
愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻 修了
伊藤謝恩育英財団奨学生
チバ・アート・フラッシュ・オブジェ招待作家
第17回NAU21世紀美術連立展 奨励賞
2003年まで愛知県を拠点とし、各地で精力的に作品を発表。
公共施設などへのオブジェ制作へも携わる。
06年から07年にかけ渡西し滞在。
現在は千葉県を拠点とし、インスタレーショ表現を軸に制作。
都内のギャラリーを中心に、多くの個展・グループ展で作品を発表している。
日本美術家連盟会員・NAUメンバー

<Statement>

生まれながらにして死へ向かう人の運命に。
何のために生まれ、何のために死んでゆくのか?
そして、私は何のためにつくり続けているのか?
ずっと自問自答をしています。
そして、うっすらと見えてきたその答えが、作品へ投影され、皆さんの心へ残ることを願っています。

◯hiromi

<Profile>

2018年
仕事を退職したことを機に、美術活動を再開
グループ展
2018   「たにてん」ほくせんギャラリーivory  札幌
2019.02  「4 metaphors」 ギャラリー オマージュ 札幌

企画展
2018.06   「ACT ART COM 2018」 東京 出展
2018.08   「Independent Tokyo」 東京 出展
2019.01   「語る抽象画展8」 東京 出展
2019.04  「ベラドンナアート展」 東京 出展
2019.07 「ART POINT in Paris」パリ 出展

受賞
第5回 北海道美術協会主催 道展U-21 優秀賞

<Statement>

私の作品は細胞をテーマに描いています。
普段全く目に見えないけれど、生き物の根源である細胞を、流動的かつ鮮やかな色彩で表現しています。
誰もが持つ生の力を、細胞感覚で捉え表現しております。

上床 加奈   Kana Uwatoko

<Statement>
昔から妖怪や想像の生き物のいる世界観を描くことが好きです。
自然への畏怖をテーマにした妖怪、人々の生活の中に潜む妖怪、こんな妖怪がいたら面白そうだなと日々考えながら作品を制作しています。プロフィール
1995年 鹿児島県生まれ
2016年 専門学校 日本デザイナー学院 九州 イラストレーション科 卒業<Profile>2016年 Independent TAGBOAT ART FES 2016 ヒューリックホール/東京
2016年 TAGBOAT EXHIBION NEW YORK 2016 Ashok Jain Gallery/ニューヨーク
2017年 WHERE DOES SHE COME FROM? MASATAKA CONTEMPORARY/東京
2018年 REUNITE MASATAKA CONTEMPORARY/東京
2018年 高橋千裕・御子柴大三・山本冬彦の推薦作家によるアートで聴く音楽 CDジャケットアート展V パレットギャラリー麻布十番/東京
2019年 上床加奈展APPEAR tagboat Gallery/東京

トミタマリコ   Mariko Tomita

<Profile>

東京生まれ
2015年 3月 女子美術大学芸術学部デザイン・工芸学科工芸専攻陶コース 卒業
2016年 4月   語学留学の為渡英
2017年 3月    帰国

個展
2018年 1月 Interart7 日本橋space 2*3にて『トミタマリコ展』
2019年 5月 Interart7 日本橋space 2*3&TK GALLERYにて『トミタマリコ展vol.1/vol.2』
受賞
2015年 3月 『女子美スタイル2014ネコとカフェオレとリボンとワタシ展入選』
2017年 3月 『三菱商事アートゲートプログラム34』入選
2017年 6月 『三菱商事アートゲートプログラム35』入選
2018年 3月 『三菱商事アートゲートプログラム38』入選

<Statement>

作品を制作する事こそ、言葉で上手く主張する事が不得意な自身をありのままに表現出来る、世俗に対するコミュニケーションだと信じて私の制作活動は始まりました。
孤独や不安に浸る行為は、私が最も身近に感ずる状態であり、同時に有耶無耶に流れ曖昧に過ぎ去る日々の中にある自身を唯一の個として再認識させます。
私はそうした孤独や不安に浸り垣間見た世界を抽出、可視化させたいと思い制作しております。
私の作品をご覧になった方々へ、少しでも引っかり、何かを感じ取っていただければ幸いです。

諸岡 亜侑未    Ayumi Morooka

<Profile>

1991 大阪生まれ
2015 東京芸術大学 美術学部 彫刻科卒業
2017 東京芸術大学大学院 美術研究科 彫刻専攻 修士課程 修了

展覧会
2012    個展「universe 諸岡亜侑未展」(conflictable cube)
2013  グループ展「内側の断面」(ギャラリーKINGYO)
2015 平成藝術賞 受賞作家展「未来の大芸術家たち」(平成記念美術館ギャラリー)
石彫研究室企画展「イシ100」(東京芸術大学 彫刻棟玄関ギャラリー)
2016 台湾藝術大学vs東京藝術大学 石彫共催展「Stone Road in Taipei」(赤粒藝術ギャラリー)
2018 池袋アートギャザリング公募展「IAG AWARDS 2018」(東京芸術劇場ギャラリー)
MITSUKOSHI×東京藝術大学 夏の芸術祭2018(日本橋三越本店)
2019   個展「Where am I ?」(ギャラリーなつか)

受賞歴
2011 とりでアートコンシェルジュ「おめでと1年生」グランプリ 受賞
2015 サロン・ド・プランタン賞 受賞
平成藝術賞 受賞
2018 池袋アートギャザリング公募展 入選

<Statement>
主に風景をモチーフに彫刻作品を制作している。その風景はいわばひとつの心象風景であり、わたしの内側に明確に存在するイメージであり、現実である。石という素材と対話を重ねながら、自分の内側を探ることで、わたしは自分を知り、世界を見、そしてそこにひとつの現実を発見する。

荒木 涼子  Ryoko  ARAKI

<Profile>

黒田 理恵   Rie Kuroda

<Profile>
1983年 北海道札幌市生まれ。
北海道芸術デザイン専門学校 産業デザイン学科 イラストレーション専攻を卒業後、一般企業にてサービス業の経験を経て、その後は活動の場を東京に移す。
広告代理店にてデザイナー職に就き、ファッション通販・化粧品・飲食店等のWEB・紙面広告の制作を経験。WEBサイトのデザインに自らのイラストを活かした経験から、絵を描くことへの思いがさらに強くなる。
現在はフリーランスのデザイナーとして、ファッション通販サイト内のデザイン・制作ディレクション・公式SNSの運営などに携わるほか、イラストレーターとしてレストランの塗り絵用イラストなどを担当。その傍ら、ギャラリーでの展示発表を中心にアーティストとして活動中。
趣味は読書。幸せを感じる瞬間は、美味しいものを食べながらビールを飲んでいるときです。
都内で夫とミニチュアダックス2頭と暮らしています。

2016年8月 大賞展「Life 2016」出展 GALLERY ART POINT
2017年1月 大賞展「New Year Selection 2017」出展 GALLERY ART POINT
2017年6月 グループ展「Memories -記憶の中の猫」出展 GALLERY ART POINT
2017年8月 大賞展「Life 2017」出展 GALLERY ART POINT
2018年1月 大賞展「New Year Selection 2018」出展 GALLERY ART POINT
2018年6月 グループ展「Stories 2018」出展 GALLERY ART POINT
2018年9〜10月 企画展「ハートが大好き展」出展 GALLERY心
2018年12月 企画展「第4回 えんぎもの展」出展 GALLERY心 ※DMデザインを担当
企画展「ハートのあるクリスマス展」出展 ギャラリー三樂
2019年1月 企画展「第2回 京都えんぎもの展」出展 ぎゃらりい百之助
2019年5月 企画展「おしゃれネコ展」出展 GALLERY心

他、アートイベントに多数参加

<Statement>
「花」「鳥」「風」「月」を女性に置き換えて描きました。
作品に描かれた女性それぞれの表情と個性をお楽しみいただければと思います。
普段は美しさや魅力を感じるモチーフを鉛筆とアクリル絵の具を使って描いています。繊細な描写とやわらかく少しレトロな色使いが得意。日々、自分の絵を突き詰めるべく制作しています。
これまでに描いてきたような、動物や少女などをモチーフにした、見ていて幸せになれるようなカラフルで可愛い作品から、今後は憂いや寂しさを感じるような独特の味わいを堪能できる作品など幅広く描いていきたいです。

GALLERY ART POINT(ギャラリーアートポイント) 担当:吉村清子
開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。