GROUP EXHIBITION

EXHIBITION DETAIL
開催期間:2019/12/16(Mon)〜12/21(Sat) 12-30-20:00* *12/21(Sat)のみ 17:00まで
展覧会終了後も展示作品のお問い合わせを受け付けております。作品購入希望や他の作品を観てみたい等、ご連絡頂ければ幸いです。

 

Infinity ∞ 2019

本展覧会のタイトルである“ Infinity”とは「無限」という意味で、範囲が無い、どこまでも続くことを意味します。現代美術の方向性を決定付けたのはマルシェル・デュシャン(1887-1968)といわれていますが、デュシャンは早い時期に油絵具による絵画制作を放棄し、既存の芸術の概念を強烈に批判するような作品を次々と発表していきました。
デュシャン以後、芸術家たちは様々な「新しい表現」を模索し、あらゆる主義、表現が生まれました。表現手法もいわゆるキャンバス絵画(タブロー)に囚われることなく、立体や映像、インスタレーション(空間を含む表現)、パフォーマンス(身体表現)など多岐に渡り、それらの前衛的な試みはあらゆるジャンルに影響を与え、現代音楽、現代演劇、現代詩などへと発展し、従来の概念に収まらない作品を多数生み出しました。現代アートには観る者の五感を揺さぶり、価値観をひっくり返す私たちの想像力を豊かにする無限の可能性が広がっています。
本展では、弊画廊選抜による14名の多種多様な無限の表現作品により、現代の時代性と美術表現を展観し、次世代の方向性と無限の可能性を探りたいと思います。
また、本展を通じ、作家同士の交流、または、作家と一般来場者が交流することにより制作活動の一助となることを願っています。

The title for this exhibition, ‘Infinity’, represents a space without bounds, which continues on forever. The pioneer of contemporary art, Marcel Duchamp (1887-1968), abandoned oil painting at an early age to create a series of works which strongly criticized the existing concept of art. After Duchamp, artists looked for new methods of expression not limited to the canvas, but looked towards sculptures or film, installations (expressions of space), performance (expressions of the body). These avant-garde attempts influenced genre to revolutionize contemporary music, performance, poetry, and saw many new works of art which resisted labels. Contemporary art uses all five senses to subvert traditional expectations, and expands our imaginations to show the possibilities of the infinite.
In this exhibition, GALLERY ART POINT has selected 14 artists to show the different ways they represent infinity. By exhibiting contemporary and traditional work, we hope to explore the possibilities of the infinite in the next generation. Again, through this exhibition, we hope to catalyze new works of art through the interactions of artists with each other, and their audience.  

展示風景

YouTube動画

 

Gallery Art Point(ギャラリーアートポイント) 担当:吉村清子
開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。