SOLO EXHIBITION

EXHIBITION DETAIL
開催期間:2020/2/3(Mon)〜2/8(Sat) 12-30-20:00* *2/8(Sat)のみ 17:00まで

展覧会終了後も展示作品のお問い合わせを受け付けております。作品購入希望等お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

シーリー・キム   Siri  Kim

人間というものは、思考する高等動物でありながら、成長を重ねていく生物体であります。のみならず、世の中を創造する媒介体という存在もあります。
そのため、様々な物事に関心を持って、豊かな感情を味わうはずです。
それに、作品を造るとのことは、自分の心や命へ向かう行為で、自我(エゴ)との対話をする糧(かて)にもなります。そこから重要なのは、そのような気持ちを込めて、本物の自分にきちんと伝わって、それだけに表しているのかということです。
彼にとっては、今に至るまで関心を持ってきた様々な物事があり、それに好奇心を持ってきました。
カラーパターンといった美的要素に加えて、旅先の風景、スマートフォンなどの電子機器、食べ物といった身近なもの、さらに、社会問題をはじめとするトピックス等と、限りのない人生にあるものに基づいて、それに対する感情を自分なりに味わってきました。
もちろん、人生に答えはありません。
なので、カラフルな人生でありたいです。
そのような世界を創るため、心の大きさだけに描き出す度に、キャンバスとアクリル絵具を持って、心象表現を通して創作活動を続けています。


A human being is a living organism that grows up while being a higher animal to think about, There are also mediators that create the world. Therefore, we should be interested in various things and enjoy rich emotions.
Also, creating artwork is an act of moving towards one`s heart and life, and it also serves as a food for dialogue with the ego. What is important is to whether or not it expresses just such a feeling, conveys it properly to the real myself.
For him, there are a variety of things that have been of interest to date, and he has been curious about it. In addition to aesthetic elements such as color patterns and gradations, familiar things such as scenery in travel destinations, electronic devices including smartphones, Eating and Drinking, topics such as social issues of modern, and so on based on things in unlimited life he`s tasted his feelings.
Of course, there is no answer in life. So I want to have a colorful life.
In order to create such a world, every time I draw just the size of my heart, I continue to create with a stretched canvas and acrylic paint and express my image.

 

展示風景

previous arrow
next arrow
Slider

YouTube動画

ARTIST PROFILE

2016~ While at Shobi Gakuen University, Faculty of Informatics for Arts,
Department of Information Expression, CG & Art Field.
2018  Accepted for the 31st Japanese Nature Painting Exhibition
(Ueno Royal Museum, Taito City, Tokyo, Japan)
2018  Accepted for the 53rd Kamakura Art Exhibition
(Kamakura Performing Art Center, Kamakura City, Kanagawa Pref., Japan)
2019  Accepted for the 32nd Japanese Nature Painting Exhibition
(Ueno Royal Museum, Taito City, Tokyo, Japan)

Instagram:https://www.instagram.com/sirikim1111
Facebook:https://www.facebook.com/sirikim1111


E-mali : artlinks.yk★gmail.com又は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。
「★を@に変えて送信してください」

For further info on exhibition display and content, please refer to this link

GALLERY ART POINT ギャラリーアートポイント では、現代美術の絵画や立体作品、インスタレーションなどの展示をメインとして貸画廊、企画画廊として1969年に開廊しました。
今後も広く現代作家の紹介に努めるとともに若手作家から著名な作家まで、個展グループ展での参加者を募集しております。
インスタレーションや立体作品を展示する場合は、展示台も貸し出しております。
開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。
担当:渡部  清子