EXHIBITION DETAIL
2020年7月20日(月) – 7月25日(土)12:00-20:00  7月25日(土)  15:00まで

作品販売サイト:https://galleryartpoint.wixsite.com/kizuna2020

美術館支援特別企画
KIZUNA 2020
-アートの力美術館支援プロジェクト-
収益の10%を寄付し、作品販売分の収益は全て「原爆の図丸木美術館」に寄付をいたします。

KIZUNA 2020  -アートの力美術館支援プロジェクト- 
開催概要

弊画廊は1969年、コンテンポラリーアートギャラリーとして開廊し、現在までこの銀座の地でたくさんの アーティストの展覧会をプロデュースしてきました。
弊画廊の歴史は、様々な“繋がり““絆-KIZUNA“によって支えられたものであります。
それは第一に画廊とアーティストとの繋がり、そして弊画廊にご来廊いただいたお客様との繋がりであります。こうして受け継がれた歴史を今後は新たな未来に繋げていかなければなりません。
現在、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、私たちは災害や疫病など、命の尊さ、について考える時に直面しております。
弊画廊ではこのような状況だからこそアート作品の本来の力、人の心を豊にする力が必要と考えております。
KIZUNA展では会場の展示以外にも作家様の作品や会場の様子をオンライン番組で紹介し、全国や世界中で自宅待機されている方へ作家の作品の力を届け、不安な心を少しでも安らかに、少しでも心が豊になれるようご紹介いたします。
今まさに、アーティストの作品の力が必要な時だと考えます。
また、新型コロナウイルス感染拡大を受け、芸術文化活動をするアーティストが活動できなくなっている現状があり休館になっている 美術館も数多くあります。
本展では、アートの力美術館支援プロジェクトとして現在運営が厳しくなっている、行政や企業からの助成のない私設の美術館である「原爆の図丸木美術館」に収益の10%を寄付し、作品販売分の収益は全て寄付をいたします。「原爆の図丸木美術館」は埼玉県東松山市で開館している、油彩画家の丸木俊(1912-2000)夫妻が共同制作した連作「原爆の図」を常設展示する美術館です。
命の尊さや重み、命を思う場である美術館を感染の収束後にも、次の世代に未来に繋げていかなければと考えます。

GALLERY ART POINT 
ギャラリーアートポイント 
代表  渡部 清子 

Our gallery has opened as an gallery for contemporary art since 1969, located in Ginza, Tokyo. Ever since then we have been collaborate with many artists, for the produce of exhibitions in various fields.
Our history has been supported by the ‘KIZUNA(Connection)’ with others.
Firstly, it is the connection between the artists and our gallery. Secondly, it is the connection between the visitors and the gallery. We think the gallery’s long history with the support of others has to be continued to the future.
Due to the spread of COVID-19, we are now forced to face the difficulty of the disease and disaster. It is the time for us to rethink the preciousness of life.
Because of the difficult situation we are facing presently, we think it is important to bring out the potential of art——that is, to encourages self-expression and open-mindedness.
In the ‘KIZUNA’ exhibition, considering the difficulty of attending the event, we will be streaming live from the event hall, and introduce the artworks online. We are hoping to deliver the power of art to people around the world under the ‘stay home’ period, in order to reduce people’s anxiety and bring some enrichment to life.
In this moment, the power of art is necessary to us.
Besides, due to the spread of COVID-19, there are many museums that are temporarily closed as many artists have the difficulty to continue their activities.

The ‘KIZUNA’ exhibition, as a part of the ‘The Power of Art’ art museum supporting project, we will support the Maruki Gallery for the Hiroshima Panels museum, which is a private art museum that has not receiving subsidy from the country or enterprises. 10% of the profit from the exhibition, and all of the sale profit from the artworks will be contributed to the Maruki Gallery for the Hiroshima Panels museum.
Maruki Gallery for the Hiroshima Panels is an art museum located in Higashimatsuyama, Saitama prefecture, exhibiting ‘The Hiroshima Panels (Genbaku no zu)’——a series of painted folding panels by the collaborative husband and wife artists Maruki Iri and Maruki Toshi (1912-2000)
We think that it is important to make efforts for the future of art museums even after the convergence of the pandemic. As Art Museum is suppose to be a place to let us rethink the preciousness and weight of life.

GALLERY ART POINT
Owner    KIYOKO  WATANABE

原爆の図丸木美術館HPへ
原爆の図丸木美術館学芸員からのメッセージ

人と人とがつながり、助け合う。同じ場所を共有して、同じものを見て語り合う。そんな社会の基本が断たれてしまう日々の中で、丸木美術館という、無数の人びとが支えてきた「場」の意味を考えています。歴史をさかのぼれば、平和な世の爛熟だけでなく、厳しい時代にあっても人は表現を手放さなかったことがわかります。人間の心をえぐるような痛みや、鋭い社会批評を通して世界の本質に近づくことも、文化の大切な役割です。よろこびも、かなしみも、生きるための力になります。現在、より厳しい状況に直面している方々も多い状況のなかで、支援の声をあげることへのためらいもあるのですが、次の世代に「原爆の図」のある美術館をつなぐため、まずはお気持ちを持ってくださる方との連携を大切にしていきたいと思います。どうぞご協力をよろしくお願いいたします。

丸木美術館学芸員 岡村幸宣

展示風景

previous arrow
next arrow
Slider

YouTube 動画

会期展示情報

会期

2020年7月20日(月) – 7月25日(土) 12:30-20:00*  *7月25日(土)15:00まで

 

入選特典

※展示作品は弊画廊HPでもオンライン掲載販売致します
展示後のオンライン作品販売につきましてはタイムラグ発生(他の場所での発表)を考え販売の際には事前に作家の了承を得た上で お客様にご購入いただきます。
※弊画廊YouTube動画番組にてオンライン上で世界中に作品をご紹介いたします。
※ 作品販売代金の 20%は全て原爆の図丸木美術館へ寄付致します。
寄贈も歓迎いたします。 寄贈いただきました作品は中央区福祉協議会をはじめ各福祉施設へ寄付させていただきます。

<問い合わせ>

※詳細及お申込については、下記までご連絡下さい。
担当: 代表 渡部  清子
e-mail: artlinks.yk@gmail.com
Tel: 03-6263-2563

<問い合わせ>

E-mali : artlinks★artpoint.jp又は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。
「★を@に変えて送信してください」

For further info on exhibition display and content, please refer to this link


GALLERY ART POINT ギャラリーアートポイント では、現代美術の絵画や立体作品、インスタレーションなどの展示をメインとして貸画廊、企画画廊として1969年に開廊しました。
今後も広く現代作家の紹介に努めるとともに若手作家から著名な作家まで、個展グループ展での参加者を募集しております。
インスタレーションや立体作品を展示する場合は、展示台も貸し出しております。

開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。
担当:渡部  清子