GROUP EXHIBITION

EXHIBITION DETAIL
開催期間:2021/6/21(Mon)〜6/26(Sat) 12:30-20:00*
*6/26(Sat) 12:30-17:00まで
展覧会終了後も展示作品のお問い合わせを受け付けております。作品購入希望等お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

ART POINT Selection III

ギャラリーアートポイント

展示風景

作品紹介動画

 

ARTIST PROFILE

新埜 康平 Kohei Arano

<Profile>
経歴
1990年 東京生まれ
2019年 武蔵野美術大学通信 日本画 卒業【個展】
2020年 暦-skit-    art space kimura ASK?P
2021年 祈-rewrite-   Gallery ART POINT【受賞】
2020年 第16回 世界絵画大賞展 サムトレーディング賞(協賛社賞)
2020年 第2回  国指定名勝 おくのほそ道の風景地 草加松原展
2021年 第39回 上野の森美術館大賞展 入選

<Statement>

 


小笠原 英輝 Hideki Ogasawara

 

<Profile>

 

<Statement>

 


木白牧 Maki Kishiro

<Profile>
1975年 滋賀県生まれ
2005年 大阪府立大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻博士課程修了
2005〜2006年 日本学術振興会特別研究員、独学でアクリル画始める
2006〜2009年 水産庁、国立研究開発法人水産研究・教育機構雇用 鯨類調査員
2010年 出産と育児で作品制作休止
2017年 作品制作再開<入選/受賞歴>
2008年 「第21回日本の自然を描く展」上位入選
2019年 「第4回星乃珈琲店絵画コンテスト」優秀賞
2020年 「IAG(池袋アートギャザリング) AWARDS 2020」入選
2021年 「第3回公募アートハウスおやべ現代造形展」入選<展示歴>
2019年 「東京インディペンデント2019」 東京藝術大学 東京
_    「Independent TOKYO 2019 」 東京
2020年 「KENZAN 2020」 WEBSITE and You Tube
_     グループ展「Dimension2020」 GALLERY ART POINT 東京
_     IAG AWARDS2020 EXHIBITION 東京芸術劇場 東京
2021年 アートブック/アートグッズ@BankART KAIKO 神奈川
_     企画展「SANGO展」 Picaresque Art Gallery 東京

 

<Statement>
クジラと細胞を主なモチーフにして命の意味や世界との関係について考えています。
原子、細胞、個体、社会や生態系のように、万物には粒子や個々の集合体がより大きな世界を創りゆくという理があります。その流れの中で誕生し消滅する命の意味や世界との関係について表現を模索しています
人間社会を暗喩する地図をモチーフにした「方舟シリーズ」は、私たちの進化の方向を問う作品です。文明が招いた災厄に対する危機感、そして変革と救済への希望を、自然と都市の対で表現しています。
アクリル画をベースに海洋プラスチックなどを使用したミクストメディア作品を作っています。自然への共感から育まれた日本の美意識と西洋由来の哲学的要素を融合させた日本産現代アートを目指しています。

白石 舞帆 Miho Shiraishi

<Profile>
茨城県生まれ
2019年 多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻版画研究領域修士前期課程 修了人にはそれぞれの物語があり、社会背景、環境、文化、人間関係など様々な条件が織りなして生まれると思っています。
その中で起きた出来事からわきおこる感情や思考をもとに経験したことの情景を描いています。
主に自分自身に起きた出来事について制作しており、手の込んだ記録もしくは日記のような感覚で制作しています。
木版画を主に制作しています。【展示】
2014年 ひねもす展 /gallery kasutela 下北沢
_    最後の晩餐展 /DESIGN FESTA GALLERY 原宿
2015年 ひねもす展 /にじ画廊 吉祥寺
2016年 ひねもす展 /にじ画廊 吉祥寺
2017年 多摩美術大学版画卒業展 /文房堂 神保町
_    東京五美術大学連合卒業・修了展示展 /国立新美術館 六本木
_    2016年度多摩美術大学美術学部卒業制作展・大学院修了展 /多摩美術大学 八王子
_    ひねもす展 /新宿眼科画廊 新宿
_    多摩美術大学大学院美術研究科版画研究領域1年生合同展示「変遷」/ギャラリー青羅 銀座
2018年 白石舞帆 展 /GALLERY b. TOKYO 京橋
2019年 東京五美術大学連合卒業・修了展示展 /国立新美術館 六本木
_    多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻版画研究領域修了制作展「state」 /DESIGN FESTA GALLERY 原宿
_    2018年度多摩美術大学美術学部卒業制作展・大学院修了展 /多摩美術大学 八王子
_    Independent Tokyo 2019 /ヒューホリック浅草橋 浅草橋
2020年 あつまった!展 /Gallery TK2 日本橋
_    ART POINT SelectionⅣ /GALLERY ATR POINT 銀座

 

<Statement>
日常生活のなかで自身におきた出来事や、他人の日常生活を見聞きし、気になったこと、引っかかりを覚えるような物事を絵画に表現したいと考えている。そしてそれを描く動機にしている。
出来事から湧きおこってくる感情は、経験した出来事とはまた別の方向から入ってくる思考に、一種の接着剤のようになってまとまりをもたせる役割があると考えているからだ。 そのため,湧きおこる感情をきっかけにし、人とその人の周りを取り巻く経験の情景を描くという表現を試みている。

橋本 絵里奈 Erina Hashimoto

Facebook

<Profile>
1996年8月15日生まれ 大阪出身・在住
2015.3 大阪市立咲くやこの花高等学校 造形芸術系列 卒業
2019.3 愛知県立芸術大学 美術学部美術科 油画専攻 卒業○卒業後の活動
2019.7  2人展「混沌オーライ!」ギャルリーくさ笛 [愛知・栄]
2019.8  イベント「Independent Tokyo 2019」ヒューリック浅草橋ビル2階 [東京・浅草]
2020.3  グループ展「わたしの一点 つながる原風景」織部亭[愛知・一宮]
2020.7  グループ展「KIZUNA2020展」GALLERY ART POINT  [東京・銀座]
2020.8  グループ展「未完展」ギャラリー美園 [三重・桑名]
2020.8  グループ展「未完展」VOLVOX  [三重・津]
2020.11 グループ展「抽象・半具象の世界展」ギャラリー美園 [三重・桑名]
2020.12 グループ展「ミニチュア展」ギャラリー美園 [三重・桑名]
2020.3  グループ展「真夜中の情景展」ギャルリ・ディマージュ [愛知・刈谷]
2020.3  グループ展「Various colors 展」ギャラリー美園 [三重・桑名]
2021.4  個展「橋本絵里奈展」 ギャラリーMOS  [三重・松阪]
<Statement>
作品と向き合う瞬間瞬間で画面に呼応した身体行為を繰り返すことによって、日常の中で無意識のうちに刷り込まれている表層的な意識を画面に擦り付けます。
少しずつ絵の具を積み重ねてゆくことで時間と質量が閉じ込められ、部分ごとに空間が前後するような複雑な構造が生まれてきます。
そうして画面の奥に微かに感じられる本質を引き摺り出し目に見える現実との乖離をなくすことで、現実と夢幻との境界が曖昧になってゆくのを感じることができるのです。

松本 みさこ Misako Matsumoto

<Profile>
2014~2016年 第8回~10回現代童画会中部地区展に参加(名古屋市東区セントラル・アートギャラリー)
2014~2019年 第40回~44回現代童画展・受賞作家展参加
2015~2019年 現代童画会 春季展参加
2017~2018年 現代童画会 選抜展参加 (銀座アートホール)
_       巡回展参加(関西展 原田の森ギャラリー)(四国香川展 坂出市民美術館)
2018~2020年 第11~13回現代童画会中部地区展に参加(5/R Hall&Gallery)2018年 ニューヨークAshok jain galleryにてニューヨーククリスマスアート&クラフトギフト展参加
2019年 第13回モナコ・日本芸術祭2019 参加
_    GALLERY ART POINTにてFantasia2019展 参加
_    パリのgalerie metanaiaにてギャラリーART POINT ART POINT in Paris2019 参加
_    GALLERY ART POINT にてART POINT Award大賞2019 参加
_    GALLERY ART POINTにて KIZUNA2019大賞展 参加
_    現代童画会 選抜展参加 (銀座アートホール)
巡回展参加(関西展 原田の森ギャラリー)
(越後湯沢展湯沢町公民館)(四国香川展 坂出市民美術館)
_    フィリピンセブ島にてCebe Art Fair 2019 参加
_    GALLERY ART POINTにてinfinity 2019展 参加
2020年 ニューヨークにてJCAT Made in Japan 2020 参加
_    JCAT-NY JCAT GalleryにてSOLO Exhibition参加
_    GALLERY ART POINTにて個展開催
2021年 フランスのLinda Farrell Galerieにてサロン・ド・アール・ジャポネ2021 参加
_    Gallery OBOROGINNにて常設展示【特別作品企画展】に参加
その他グループ展多数参加【受賞歴】
2013年 第39回現代童画展(東京都美術館)パジコ賞受賞
2014年 第40回現代童画展(東京都美術館)第40回展記念一般賞受賞 会友推挙
2015年 第41回現代童画展(東京都美術館)会友作家賞受賞
2016年 第42回現代童画展(東京都美術館)会友特別賞受賞 会員推挙
2017年 第43回現代童画展(東京都美術館)弥生美術館館長賞受賞
2018年 第9回武井武雄記念 日本童画大賞タブロー部門入選
_    第22回川上四郎記念 越後湯沢全国童画展 大賞受賞
_    第44回現代童画展(東京都美術館)文部科学大臣賞受賞
2019年 第13回モナコ・日本芸術祭2019 グランドアヴェニール賞授与
_    第6回東京装画賞 協賛企業賞(東洋インキ賞)受賞
2020年 第5回星乃珈琲店絵画コンテスト佳作受賞
2021年 mellow art award 2020入賞受賞
その他受賞歴あり

 

<Statement>
作品のテーマは「想い」
架空の人や動植物をモチーフに空想的な空間にそれぞれの感情や想いをテーマに作品を観る人に想像を委ね
いろいろな感情を想像して楽しんでいただけましたら幸いです。

武藤 洸太 Muto Kouta

<Profile>

 

<Statement>

山本 清人 Yamamoto Kiyoto

<Profile>
2017 年 公募第 67 回豊橋市民展 受賞 豊橋美術博物館(愛知県 豊橋)
2018 年 公募第 68 回豊橋市民展 受賞 豊橋美術博物館(愛知県 豊橋)
_     二人展「伊藤昌徳・山本清人」展 BLUE-BOX GALLERY(愛知県 岡崎)
2019 年 グループ展「アートのつながり」展 ハートフィールドギャラリー(愛知県 名古屋)
_    グループ展「Emotion2019」展 GALLERY ART POINT
_    個展「少し先の未来へ」 Café Gradual (愛知県 豊川)
_    企画展第3回中国・モンゴル国際博覧会 国際油絵展(中国内蒙古自治区 フフホト)
_    公募第 83 回自由美術協会展 佳作賞受賞 新国立美術館
_    グループ展「GIFT2019」展 BLUE-BOX GALLERY(愛知県 岡崎)
2020 年 第 83 回自由美術協会名古屋巡回展 愛知県立美術館ギャラリー
_    グループ展「それぞれの現在展」 愛知県立美術館ギャラリー
_    公募第33回パリ国際サロン推薦展 ギャラリー‣ディ‣マレ(パリ)
_    公募第55回豊川市民展 受賞 桜が丘ミュージアム(愛知県 豊川)
_    グループ展「Arts Challengers」展 ギャラリー喫茶奈邪(愛知県 豊川)
_    グループ展「Vision2020」展 GALLERY ART POINT
_    グループ展「谷根千アートフェア」展 カフェギャラリー千駄木露地
_    グループ展「KIZUNA2020」展 GALLERY ART POINT Web個展「アンビバレンス」JCATGallery
_                                ※Webサイトに掲載
2021 年 公募第 19 回 NAU21 世紀美術連立展 新国立美術館
_    グループ展「新春作家作品」展 みどりの森美術館(静岡県 浜松)
_    グループ展「CROSS OVER Vol.30」展 Palette Art Space(バンコク) グループ展「自然と幻想の彼方に」展 Gallery 平八郎ミュージアム(愛知県 豊川)

他、グループ展多数参加
現在 中部自由美術協会に所属

 

<Statement>
私の描く作品は油画です。目の前にある風景、記憶の中にある風景を、季節のゆったりとした 時間の流れと色彩の変化を楽しみながら、自分というフィルターを通して題材を描いています。
作品にも特徴があり、球体を散りばめた描写です。最近は、いろいろな技法を学び作画にも試 みています。スプラッタリング技法は近作に多く、偶然が作り出す着色の美しさに魅了されてい ます。
球体は種の根源を意味し、生命の種の象徴として描いています。
太古の時代からある生命の源である核。展示作品では、水中にも似た空間に、鈍く輝く光(天 使の梯子)。その光を浴びることによって化学変化し、泡に似たような球体が天使となって、光の梯子をゆったりと上るように、球体は生命の象徴として描き作品が完成しました。こんな時代 だからこそ、心から元気になるエネルギーとパワーを作品から感じて頂けたらと願います。

Hanai Mayuko

<Profile>
京都嵯峨美術短期大学 陶芸コース中退2007年 個展 ギャラリー名芳洞 (名古屋)
2008年 個展 ギャラリー名芳洞
2009年 個展 ギャラリー名芳洞
2010~15年 個展 GALERIE SOL (東京・銀座) (年一回開催)
2011年 グループ展「国際インパクトアートフェスティバル」 京都市美術館 (~15`毎年出品)
_    グループ展「M PICTUER2011」 GALERIE SOL(13`,14`,15`出品)
2012年 グループ展「IACK」 GALLERY MARONIE (京都) (~17`毎年出品)
2017年 個展 GALLERY Edel (大阪)
2019年 グループ展 「日越文化交流フェスティバル」(ベトナム・ダナン)
他、グループ展多数参加ART FAIR
2014年 KIAF (韓国・ソウル)
2015年 BUSAN (韓国・釜山)/KIAF
2016年 SOAF (韓国・ソウル)/BUSAN/KIAF
2017年 BAMA (韓国・釜山)/ART SHOPPING (フランス・パリ)
2018年 BUSAN / BAMA / SANTA FE  (USA)
2019年 BAMA /SANTA FE
2020年 BAMA寄贈
2018年  ベトナム・ダナン外務局

 

<Statement>
突然この世に生み出され、いつの頃からか次第にこの心と体を”私”と意識して、
そこから楽しくも辛くも生きていくようになる不思議な生き物、人間。全ては”私”と”私以外の人”を区別し、比較するところから始まる。
しかしいつからだろう、そこに入り込む傲慢な感情は、人と人との間に優劣をつけ始める。世界中の人に平等の幸せは訪れない。
傲慢な感情は、生きている限り誰にでも湧いてくるものだから。それならば、せめて人と人は対等だということは忘れずに生きていきたい。
そんなことを思いながら、今日も天秤の針を中心に合わせようとする日々である。

halyu

<Profile>

大阪在住。写真とドローイングで展示活動中。

 

<Statement>
今回、古くからこの国に根付いている「侘と寂」「無常観」の文化を作品コンセプトの元にして、
印刷した写真を水に濡らしてインクを滲ませることで、記憶と記録の有限性、廃れてゆく脆さ、
無常で儚い世界を表現した『永遠』という写真作品シリーズを展示しております。

<問い合わせ>

E-mali : artlinks★artpoint.jp又は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。
「★を@に変えて送信してください」

For further info on exhibition display and content, please refer to this link


GALLERY ART POINT ギャラリーアートポイント では、現代美術の絵画や立体作品、インスタレーションなどの展示をメインとして貸画廊、企画画廊として1969年に開廊しました。
今後も広く現代作家の紹介に努めるとともに若手作家から著名な作家まで、個展グループ展での参加者を募集しております。
インスタレーションや立体作品を展示する場合は、展示台も貸し出しております。

開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。
担当:渡部  清子