GROUP EXHIBITION

EXHIBITION DETAIL
開催期間:2021/6/7(Mon)〜6/12(Sat) 12:30-20:00*
*6/12(Sat) 12:30-17:00まで

販売サイトへ

展覧会終了後も展示作品のお問い合わせを受け付けております。作品購入希望等お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

Emotion 2021

ギャラリーアートポイント

本展覧会のタイトルである “Emotion=感性 “ アート(芸術)の定義は「特殊な素材・手段・形式により、技巧を駆使して美を創造・表現しようとする活動、およびその作品」、というようにアートはより多くの感性 . 感情と、より少ない考えから成り立っ ているようにみえます。 アートの一番の目的は表現することアーティストの感情や感覚を表すことです。
本展覧会は “Emotion” – 感性 – は作家各人が描くその豊穣なる創造世界を展観します。 想像性、感情豊かな実力派アーティストの作品を提示することで、人々の無限ともいえる想像、創造力 を喚起できればと考えています。
本展では、アート・ポイント選抜による作家 19名の多種多様な表現の作品により、現在の時代性と美術表現を展観し、次世代の方向性と可能性を探りたいと思います。

The title “Emotion = Sensitivity” is defined as ‘the special materials, ways, forms, and skills used to pursue beauty in the creation or expression of art, or those works.’ In this way, art is seen as being created mainly with emotion and sensitivity, rather than thought. The main objective of art is to express the artist’s thoughts or emotions.
In “Emotion – 感性” we present the rich world of creativity as illustrated by our artists. In exhibiting the artwork of these sensitive visionaries, we hope to evoke a sense of the imagination and creative power of humanity.
In this exhibition, GALLERY ART POINT displays the diverse work of 19 artists to reflect the current state of contemporary art, while anticipating the direction and possibilities of the next wave of artists. We also hope to inspire the connection between artists with their audience, and with each other.

展示風景

previous arrow
next arrow
Slider

作品紹介動画

(作品紹介時間)
尾川 和 1:46~1:58
坂井 祐子 1:59~2:10
Marie Madeleine 2:11~2:22
吉澤 葵 2:25~2:36
銀ソーダ 2:37~2:48
坂牛 幹雄 2:49~3:00
小林 哲郎 3:01~3:12
秋山 久美子 3:13~3:23
sakiko toyama 3:27~3:38
緑 風 3:39~3:50
上野 建三 3:51~4:02
石原 敏雄 4:03~4:13
yoshiko.m 5:17~4:28
LINTAO 4:29~4:40
倉崎 セツ子 4:41~4:51
横浜のKo-chan 4:55~5:07
吉田 実穂 5:08~5:19
荒木 恵美子 5:20~5:19
コエダ小林 5:34~5:44

ARTIST PROFILE

秋山 久美子 Kumiko Akiyama

<作品コメント>
この作品は、2021年、世の中が変わりつつある時に制作したものです。多くの人々が、これからどうなるのかという不安な気持ちを抱える中、〝不変“、〝無限“のものが宙にあるのではないかと思い描いていました。
青という色に医療の可能性を託して、「青い祈り」をお届けいたします。

作家一覧へ戻る


荒木 恵美子 Emiko Araki

<Profile>
2005年〜2019年
千葉県習志野市美術会会員
2005年 教育長賞 受賞
2007年 奨励賞 受賞
2010年 美術会員賞 受賞
2010年〜2020年 美術団体  三軌会 会友
2014年 佳作賞 受賞
_    キャンパス青山賞 受賞
2018年・2019年
千葉県美術展 入選
2018年
空間芸術TORAN
現代作家展2018 現代作家賞 受賞
2019年
GALLERY ART POINT
Emotion 2019 出展
ドラードギャラリー
創作表現者展 友田いさお賞 受賞
2020年
ドラードギャラリー
創作表現者展 山本冬彦賞 受賞
2021年4月
銀座ギャラリー暁個展開催
2019~2020年
亡き 友田いさお先生
2020年~現在
吉岡正人先生両氏の 画塾生

作家一覧へ戻る


石原 敏雄 Toshio Ishihara 

<作品コメント>
金沢尾山神社の神門は和漢洋折衷という珍しい様式で建てられたもので、人々は神社に参拝しそれぞれの想いがそこにはあります。私が白と黒にこだわるのは、見てくださった人それぞれに色を感じてほしい。
眼球を通して実際に見える視覚的な「色」だけではなくて、もっと内面で感じる感覚的な「色」。
そういう事からも、白と黒の世界は自由な発想が出来て、「色」の固定観念にとらわれない事が重要なのです。自分の感じた光やリアリズムを絵の中に表現し、そのものの空気感、動き、雰囲気を捉えて描く事が出来ればと思っています。切り絵には、切る技を魅せる事が出来ます。
樹々のゆらぎや建物の装飾の細部まで表現致しました。

作家一覧へ戻る


上野 建三  Kenzo Ueno

<作品コメント>

 

作家一覧へ戻る


尾川 和  Kazu Ogawa

<作品コメント>
◎ 作品について
ここ  4~5年  画面に向かって居る時  物を描く事が儘ならなくなり~
宇宙の彼方遥か遠くカオスの向こうの世界へと導かれて~
それは  地中深く眠っていたガラスの破片
鈍く柔らかい光りの世界を思わせる。
そのような世界の中にて  新しい  Road  を探し彷徨い続けております。

作家一覧へ戻る


コエダ小林 koeda kobayashi

<作品コメント>
人の形をしたそれはただの人ではない。痛みも快楽も忘れただひたすらに壁と面を合わせる。面壁九年。朝か夕か。
痛みを忘れるため、考えることもしなくなったそれは思い出す。
Chan の友は元気にしているか。
父は、母は、兄弟は今、何をしているのだろうか。
見知らぬ土地で、来る日も来る日も思い浮かぶのは故郷の風景と共に旅をした友の姿。保護被膜として腐食から身を守る役割を成す緑青は本人の意思である防衛本能を表し、放出する念を持つ。
腐食の進行によって発生する赤錆は社会や人間関係、生活環境における厄難を表す。
作者の手により、自然界において共存することのない双方を1つの枠に収める。そこには生育・変化する金属の必然性、人間の欲求・葛藤を絢い交ぜさせることで魅入る美の価値を創出する。これを元素として認識した場合、それは物質として安定しており物質における悟りを意味するのではないか。
錆びること、老いることで積み重なっていく微細な出来事の確かな重なりを1500年の時を経て体感する。

作家一覧へ戻る


銀ソーダ ginsoda

<作品コメント>
TODAY シリーズ
自身の意識を構成しているものは「今日」の積み重ねである。

作家一覧へ戻る


倉崎 セツ子  Kurasaki Setsuko

<作品コメント>
爽やかな風にのって、休息も又日常生活の一コマですね。
暫しの憩いを楽しんで明日への活力を蓄えて頂いたらとても嬉しいです。
「安らぎ」もとても大切な時間と思い描いてみました。

作家一覧へ戻る


小林 哲郎  Tetsuro KOBAYASHI

<作品コメント>
紙を顔料、絵の具、墨などで染め、それを引き裂いて重ね、貼り付け、その上からまた描画して制作しています。
紙それぞれに固有の時間があり、その時間が重なり、新たな時間を表していきます。
壊れる手前で均衡を探り、次の動きに向かう力が絵の構造だと思います。
表現するイメージと紙という物質との相克で絵は生まれていきます。あくまで平面であることから逃げずに空間を探していきたい。

作家一覧へ戻る


坂井 祐子  Yuko Sakai

<作品コメント>
上昇気流に勢いよく乗って、互いに融合、そして大きくなっていく…
雲はまるで、空中に躍動する巨大な「風神・雷神」のように、
神々しく力強く、そして繊細…常に私を魅了してやみません。

作家一覧へ戻る


坂牛 幹雄 Sakaushi Mikio

<作品コメント>

作家一覧へ戻る


sakiko toyama

<作品コメント>
何事もなく夜は更け鳥は自由に羽ばたき
花屋の花は歌い気高く清らか
街はキラキラとして怖くてそれでいて大らかで、、、
個展のためにパリのアパートに滞在し
パリの街に圧倒され刺激を受けた貴い日々
あの想いはもう一度叶うのでしょうか
蚤の市で一目惚れしたアンティークの額に入れ
これで完成です

作家一覧へ戻る


Marie Madeleine  

<作品コメント>
No42
月と水
5と言う数字が私の今のテーマ
五大元素のひとつである水と火
月と水の記憶をたどる旅をして
水を通して拡がる記憶を
水が産まれる湧水群からの
大地の恵みの素材を使い乗せていきました

作家一覧へ戻る


yoshiko.m 

<作品コメント>

「野田ふじ」感性の時代に..
誇らしげに咲く。

「野田ふじ」は、豊かな房が特徴で、大阪市福島区の花に制定されました。
この「野田ふじ」は、今から約600年前(南北朝時代)からその美しさで知られ、江戸時代には「吉野の桜」「高雄の紅葉」とともに三大名所と言われ、
高貴な色と香りを漂わせ
情緒ある趣に近くに住む
私達に日本人で良かったと
毎年4月に実感させて貰える
ふじの祭りです。
そんな花姿を描きました。

作家一覧へ戻る


吉澤 葵 Yoshizawa Aoi 

<作品コメント>
ベットのしわ、コードの線、部屋から見える外の景色・・・
人が過ごしている場所、人が使っているものには人の息吹を感じます。
いつも身近にあって、普段は気づかない何気ないものを改めて見ると、
自分の生活を振り返ることができ、自分の過ごしてきたときを感じとることが
できるのではないでしょうか。
私はその痕跡を描いていきたいと思っています。
私の作品をご覧になった方達が、自分の生活の中にある何気ないもの・ときに気づいていただけたら、幸いです。

作家一覧へ戻る


吉田 実穂 Miho Yohida 

<作品コメント>
この作品は、モチーフは自分の慣れ親しんだ自然の風景ですが、その汎神的に視界を覆う生命の存在感を出したいと思い制作しました。
油絵の具を水彩のように薄く塗っており、昼の光の下ではまた違う表情を見て頂けます。

作家一覧へ戻る


緑 風 Ryokufu 

<作品コメント>
老女をテーマに制作しています。
人生の甘いも酸いも嚙み分けた老女の顔には、喜びや哀しみなどの感情がその深い皺に刻まれています。
私はそのような老女を大変美しいと感じます。
年を重ねると出来る皺を描くことによって、その老いた女性の感情を描き出そうとしています。
人生を終えるとき、人は自分の生涯を振り返ってどういう感情を持つのかということに関心があり、その感情を表すことが私のライフワークです。

作家一覧へ戻る


横浜のKo-chan Hama no co-chan 

<作品コメント>
水彩画を立体で表現した、「立体水彩画」の作品です。
画材は‟水彩絵具”を使用しました。有楽町の帝国ホテルの建て替えが決まったようですが、初代の趣きある玄関風景に
魅かれて制作しました。
時代は1940年前後の想定で、車は当時の「トヨダAA型」です。
ドアマンはネットで制服の画像が見つからず、帝国ホテル広報課のお手を煩わせる
こととなりました。

作家一覧へ戻る


LINTAO 

<作品コメント>

作家一覧へ戻る


<問い合わせ>

E-mali : artlinks★artpoint.jp又は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。
「★を@に変えて送信してください」

For further info on exhibition display and content, please refer to this link


GALLERY ART POINT ギャラリーアートポイント では、現代美術の絵画や立体作品、インスタレーションなどの展示をメインとして貸画廊、企画画廊として1969年に開廊しました。
今後も広く現代作家の紹介に努めるとともに若手作家から著名な作家まで、個展グループ展での参加者を募集しております。
インスタレーションや立体作品を展示する場合は、展示台も貸し出しております。

開催内容、出展についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。
担当:渡部  清子